脂肪吸引と脂肪細胞


二の腕や下腹部、太ももなどは特に脂肪がつきやすいところです。ダイエットを試みても、こういった部分は細くなりにくいため、手の施しようがないと諦めてしまいがちでしょう。ただ、こういった部分を細くするための方法もあるのです。それが「脂肪吸引」なのです。

脂肪脂肪吸引とは、脂肪細胞を吸引する施術のことで、この数を減らしていくわけです。この脂肪細胞は十代の頃にその数が決まってしまい、その後は増減しません。つまり、脂肪が付いた状態というのは、細胞の数が増えたわけではなく、脂肪細胞が大きくなった状態と言えるのです。この脂肪細胞を取り除く方法として脂肪吸引があり、これにより気になる部分を細くすることができるのです。

脂肪は皮下脂肪の層と、LFDと呼ばれる層の2つの層からなっています。皮下脂肪は皮膚の近いところへ蓄積される脂肪で、内臓脂肪以外のものを指します。LFDは血管や神経が通っていない脂肪で、これは人間が、飢餓状態のような極限状態に追い込まれたときに使われる脂肪です。脂肪吸引はこの皮下脂肪とLFDの一部を人工的に吸引する施術なのです。そしてこの脂肪吸引の吸引方法には様々なものがあり、その中の一つに、今回紹介するボディタイトという方法があるのです。

脂肪吸引とボディタイト


女性は常に理想の体型を追い求めています。そのためダイエットに勤しみ、日々、美へのあくなき追求は続いているわけです。しかし、このダイエットですが、例えば二の腕だけを細くしたいと思っていても、食事制限などにより、痩せたくない胸まで痩せてしまうということがあります。つまりこういう場合、理想の体型を目指しながら、理想から離れてしまうことにもなるのです。

理想の体型ダイエットには、辛抱や我慢、苦痛がつきもので、そのため長続きせず、リバウンドも起きやすくなってしまいます。その一方で、部分痩せという方法があります。この方法であれば、痩せたい部分のみを細くすることができますし、ダイエットのような苦しみを味わうこともありません。この部分痩せの手法として多く取り入れられているのが、脂肪吸引で、細くしたい部分の脂肪を取り除くだけで、理想の体型に近づけるというものなのです

この脂肪吸引の方法には何種類かがありますが、最も効果的な方法としてボディタイトがあります。これは脂肪に高周波のラジオ波を当てることで、脂肪を溶かし、吸引しやすくするという方法です。脂肪を溶かすことで偏りなく脂肪を減らすことができ、また脂肪吸引後の肌のたるみもないのが、このボディタイトの大きな特徴となります。また、このような施術にはダウンタイムという、施術後の腫れや痛みの症状があるのですが、ボディタイトはこのダウンタイムも小さいという点もメリットと言えるでしょう。このサイトは脂肪吸引とボディタイトについて説明します。