ボディタイトの特徴


ボディタイトで使われるラジオ波は、高周波なため脂肪を溶かす作用以外にも、脂肪層にある血管や繊維組織を柔らかくしてくれます。そのため、カニューレの挿入もスムーズになりますし、血管や神経への摩耗による損傷も少ないわけです。こういった特徴を持っているため、ボディタイトは、痛みや腫れが少なく、内出血の恐れもほとんどないのです。

脂肪吸引通常の脂肪吸引は、吸引の際に、脂肪の偏りが見られます。そのため吸引後の施術箇所がでこぼこしていることもありますが、ボディタイトは脂肪を液化させるため、偏りなく脂肪を吸引できるのです。さらに、熱による引締め効果もありますので、通常の脂肪吸引でみられる肌のたるみもありません

脂肪吸引を行うと、いわゆるダウンタイムといった悩みが生じます。術後に出血や痛み、そして腫れを伴う症状です。ひどいときには、外出すらできないほどになりますが、ボディタイトの場合、こういったダウンタイムが小さいことも大きな特徴と言えるでしょう。このようにボディタイトの特徴としては、脂肪吸引の偏りがなく、吸引後のたるみの心配もなく、そしてダウンタイムも小さいという点があり、これはボディタイトが安全で安心できる施術法であることを証明するものでもあるのです。

▼関連クリニック情報▼
脂肪吸引対応美容外科<湘南美容外科クリニック|大阪心斎橋院>
ボディタイト脂肪吸引法を扱っているクリニックのサイトです。

ボディタイトのメリット


脂肪吸引の方法の一つにボディタイトがあります。このボディタイトは、RFと呼ばれるラジオ波を当てる方法のことで、このラジオ波は電気メスやがん細胞の治療、たるみ治療などにも使われているものです。ラジオ波は高周波なため、脂肪を溶かす作用があるのです。

医師ボディタイトは、皮膚表面と皮下の両面からラジオ波を照射しながら、脂肪を吸引していきますので、他の脂肪吸引と比べ引締め効果が大きく、施術後のたるみも気になりません。通常、脂肪は固まっていますので、吸引しにくい状態にあります。しかしボディタイトは、この脂肪をラジオ波で溶かしていきますので、吸引しやすく、そのため細胞や血管を傷つけにくい、安全な施術法と言えます

ボディタイトのメリットとしては、脂肪が液化することでカニューレと呼ばれる吸引管の挿入も楽になり、脂肪の取り残しも少なくなる点にあります。そしてこれにより、施術時間も短縮でき、身体への負担もかなり軽減されるのです。また、ボディタイトを試す前には、医師とのカウンセリングがありますので、そこでデザインの相談をすることになります。施術時間は部位によって違いますが、1時間から1時間半がおよその目安と言えるでしょう。このようにボディタイトは、他の脂肪吸引よりも優れた面が多い施術法なのです。